委員長 小林 佑
副委員長 都丸 隆博
委員 畔上 恭平
清水 康司
 
基本方針
 昨年2015年3月14日、北陸新幹線飯山駅が開業しました。内外から多くの人が訪れるようになってきている今、我々一般社団法人みゆき野青年会議所は、このみゆき野地域をより盛り上げていくための事業を展開していく必要があります。そのためにも、我々総務広報委員会は、青年会議所メンバーが一丸となり各種事業に取り組めるよう、後方支援を務めるとともに、広報活動での積極的な発信を行います。
 総会・理事会の企画・運営では、念入りなリハーサルや議案の事前配信を徹底しよりスムースな運営ができるよう努めてまいります。また、理事長所信にもあるように、災害協定をより強固なものにしていき、いつ発生するかわからない災害に備え、即座に行動できる体制を強化します。広報活動においては、今まで活用してきたSNS等を中心とした広報ツールを引き続き活用して、情報発信を強化し我々青年会議所の活動をより多くの方々に認知していただきます。我々の活動を認知して頂くことにより、みゆき野青年会議所を理事長も掲げている身近に感じられる存在にしていくとともに、明るい豊かな未来を共に築いていく仲間を集めていきます。最後に、今年度は理事セミナーの企画・運営も任されています。初めて理事を受ける方でも自信を持って理事会に臨めるようになる為に、セミナーを行うだけでなく、常日頃から理事会の情報をフロアメンバーにも周知していきます。
 総務広報委員会は、青年会議所活動全体を縁の下で支えなければなりません。基礎がしっかりしていないとメンバーもしっかりとした活動をすることができません。青年会議所メンバーの全員がステキな笑顔でJC活動が取り組めるよう、支えてまいります。
1.総会の企画・運営(1月・9月・11月)
2.理事会の企画・運営
3.理事セミナーの企画・運営
4.定款、諸規定の研究
5.褒賞、表彰、慶弔の取りまとめと手続き
6.物品、備品の管理保管
7.広報誌「千曲川」の発行
8.SNS等による広報活動
8.パソコン及びホームページの管理
9.例会及び各種事業の記録・保管(資料のデジタル化)
10.その他総務事項及び他の委員会に属さない事項の対応
11.第34回いいやま雪まつりへの参画
12.災害協定先との連携
13.会員拡大の実施
14.RINX−4への参画