委員長 足立 崇
副委員長 清水 正人
副委員長 高橋 哲也
上村 充
小池 優喜
  小松 久人
  高橋 政宏 
  丸山 聡浩
  丸山 功一
  鷲森 秀樹
基本方針
 人口減少社会を迎えた日本。その中でも地方に於いては、職や活気を求めた若者が都市部へ流失し人口減少に更なる追い打ちをかけており、我々が住み暮らすみゆき野地域も例外ではありません。今年度は、この地域が目前に抱える問題はもちろんですが、もう少し先の20年後、30年後に焦点をあて、この地域がずっと輝き続けるために今何をすべきか、調査・研究を行い内外へ発信していきます。
 この地域が輝き続けるために担い手の育成は必須であり、責任世代である我々の大きな役目でもあります。しかしながら我々は、将来の担い手である若者たちに、この地域で生きることの魅力について、どれだけ伝えることが出来ているでしょうか。時にはネガティブな部分を見せてしまってはいないでしょうか。まずは、今を生きる我々がこの地域で生きる魅力について、もっと声を大にして発信していくことが必要です。その声が増えれば増えるほど地域全体のマインドがポジティブになり、より魅力ある地域への歩みが加速します。また、地域で生きて行くために必要不可欠な雇用についても調査・研究し、若者と企業両者にとって魅力ある雇用創出へ繋がるよう、固定観念をなくし我々らしい発想で実験や検証を行っていきます。
 魅力的な人がいるところには人が集まり、想いのあるところに道は拓けると信じています。都市部から地方へ…そんな時代背景を追い風に、一人でも多くの若者が住み暮らし、存続や継承など地域が抱える様々な問題が解決へ向かうよう、一年間邁進して参ります。
事業計画
1.青少年及び住民の意識向上と地域愛育成
2.みゆき野の魅力発信
3.みゆき野地域の雇用に関する調査・研究
4.みゆき野地域の雇用に関する実験・検証
5.他団体との協働による事業の推進
6.委員会事業の企画・運営(3回)
7.RINX-4への参画
8.会員拡大の実施
9.第34回いいやま雪まつりへの参画