委員長 丸山 功一
副委員長 山崎 隆寛
委員 仙田 智良
宮崎 淳貴
 
 四季折々の自然を鮮明に感じられる素晴らしい景観を有するみゆき野に、北陸新幹線飯山駅が開業し3年、利便性が向上したにも関わらず、利用客の増加に伸び悩んでおります。このままではみゆき野地域は活性化しません。みゆき野を活性化させるためには通過点から目的地へ変えるために、人を引き付ける魅力が今以上に必要です。人を引き付ける魅力とは、そこに住み暮らす方々が、自身の地域を楽しんでいる事に他なりません。
 地域に住み暮らす方々の楽しんでいる姿が伝播し、やがて多くの人が訪れることで、みゆき野地域が活性化します。しかし、みゆき野には素晴らしいものが多くあるものの、普段の生活の中だけでは見落としがちです。地域の方々にはこれまで以上に、みゆき野地域の素晴らしさに気づいて頂き、誇りを持って頂くための事業を企画して参ります。それには、啓発すべき私たちが率先して地域の素晴らしさを学ぶ必要があります。これまでの活動でも地域について学んできましたが、まだまだみゆき野には多くの素晴らしいものがたくさんあるはずです。さらに、これまで以上にまち・ひとづくり活動を加速させ、
地域に誇りをもてるリーダーとなるためにも、他団体との連携協力を強化させ、みゆき野の素晴らしさを共に学び、啓発する力を高める必要があります。連携協力を強化すれば、私たちの活動はさらに高まります。
 まち・ひとづくり推進委員会では、みゆき野を活性化させるべく、みゆき野の魅力となるものを率先して学び、地域の人々や他団体と協働・連携し、魅力あるまちを目指すため、みゆき野地域の方々が地域の素晴らしさを知り、楽しめる事業を計画する。
1.まち・ひとづくりの推進
2.第36 回いいやま雪まつりへの参画
3.他団体との交流
4.新入会員オリエンテーション企画運営
5.理事セミナー企画・運営
6.委員会事業の企画・運営