担当副理事長 高柳 克章
メンバー 都丸 隆博 
  清水 康司 
  畔上 恭平
清水 正人
高橋 哲也
上村 充
小池 優喜
  小松 久人
  高橋 政宏 
  丸山 聡浩
  丸山 功一
  鷲森 秀樹

我々の住むみゆき野地域には、昨年、長年の悲願であった北陸新幹線が開通しました。しかしながら、開業から2年目を迎えた飯山駅では、乗降者数が当初予定の半分以下にとどまったことや、駅前開発においても停滞が見られ、開業当時の盛り上がりも徐々に落ち着いたように感じます。このままでは、経年とともに新幹線効果は失われ、ひいてはみゆき野地域の活力も失われていくことにつながるのではないでしょうか。
 青年会議所では、理事会で議案を審議する為、理事会に出ないフロアメンバーは自分の委員会以外の事業や対外的な情報に疎くなり、その結果、責任感も乏しくなり、執行部や委員長だけの活動になってしまう傾向があります。会員数の減少が進んでいる現状において、それではLOMの活動は停止してしまうことでしょう。みゆき野元気にし隊では、フロアメンバー中心のメンバー構成にすることで、委員会の垣根を越えた横のつながりや流れを作り出し、LOM全体の活性化を目指します。また、みゆき野元気にし隊ではRINX−4事務局も担当することになりました。高速道路、新幹線が開通し、当初目的を達成し、昨年度は20周年という節目を迎えました。本年度は21年目となり、RINX−4に求められる役割も変わりつつあります。これまで重ねてきた県域を越えた交流を今後の10年、20年と継続していけるよう、スムーズな事務局運営を行います。
 みゆき野青年会議所という元気ある若者の存在は、その周りも元気づける力があると考えます。そしてその元気はみゆき野地域の元気と繋がっていくはずです。そんな若者の団体となれるようみゆき野元気にし隊は活動していきます。

1・新入会員オリエンテーションの企画・運営
2・例会の企画・運営(総会、委員会事業の無い月)
3・RINX−4への参画